資金を必ず用意しておこう

自分でルールを決められる

手っ取り早く資金調達をするなら、金融機関に借りるのが最も良い方法です。
しかし金融機関から借りた場合は、勝手に返済期限を決められます。
金融機関によっては、短い返済期限になることも考えられると覚えておきましょう。
自分が確実に返済できる期限を設定したいなら、家族や友人などの知り合いに相談するのが良い方法です。

これから起業したいという事象を説明すれば、お金を貸してくれるかもしれません。
遠慮しないで資金援助の相談をしてください。
自分で返済のルールを決められると言われていますが、自分勝手なルールを設定しないでください。
こちらは借りている側なので、ルールを決める時は遠慮しましょう。
基本的に、相手に従ってください。

社員からお金を借りる方法がある

社員がいるなら、資金を借りられます。
お金が足りなくて困っている時は、資金援助を頼んでみましょう。
上手く社員からお金を借りるコツは、メリットがあることをアピールしいてください。
今資金を援助することで、会社の利益が大きくなって倍のお金を返済できると具体的に伝えましょう。
お金が増えて返済されるなら、進んで資金援助をしてくれる社員がいるはずです。

また利益を増やすことを目的にすると、社員のモチベーションが高くなるメリットもあります。
頑張って仕事を進めると、利益が増えて自分の得られるお金が増えます。
そう考えると誰でも、仕事に集中できるでしょう。
社員のモチベーションアップのためにも、資金を借りる相談をしましょう。


このコラムをシェアする